アーバンノーディッグ工法協会 工法のご案内 協会のご案内 カタログダウンロード
サイトマップ
リンク
サイトご利用にあたって
メインイメージ
ニュース
テキスト
テキスト
アーバンノーディッグ工法は誘導式水平ドリル工法(HDD工法)の1つで非開削でポリエチレン管を地中に引き込む画期的な工法です。
地下埋設による管路工事で難工事とされている河川横断、道路横断、軌道横断などの円弧推進、交通規制がしにくい道路縦断などの長距離を短時間で施工できるコントロールボーリング(電磁誘導)方式の工法です。真空式下水道、圧送式下水道、水道などの工事実績も210kmを超えNETISや(社)地域資源循環技術センター(JARUS)にも登録されております。
従来の開削工事で発生する、掘削、土留め、残土処理が最小限なため、コスト削減・工期短縮となります。また、交通規制、騒音、産業廃棄物などの発生を最小限に抑えるため、トータルコスト削減のみならず地球環境に配慮した、これからの社会構築に最適な非開削工法です。

事務局を移転します。

閉じる

平成23年9月20日、当協会事務局を移転いたしました。
※電話番号、FAX番号に変更はございません。

移転後連絡先:
〒102-0082
東京都千代田区一番町6 相模屋本社ビル4F
TEL 03-3234-0056 FAX 03-3234-8586

事務局マップ